年齢によるニキビの出来方の違い

私が初めてニキビが出来始めたのは中学生の時だったと思います。
なんだか肌が脂っぽいなと感じ始めたら、段々とおでこに小さなニキビがブツブツと出来始めてきたので、初めは気になって手で潰したりしていました。そうしたら、徐々にニキビが広がっていき毛穴も広がり見るからに汚い肌でした。

自分ではどうしょうも出来なくなり、母が皮膚科に勤めていたので薬を出してもらってなんとか凌いでいました。でも、ニキビは高校生になるともっと酷くなり私のニキビ人生のピークを迎えました。

主にTゾーンだけだったニキビが頬っぺたにも出始めました。おでこだけだった時は前髪で隠したりしましたが、頬だと隠しようがないしそれも、かなり大きなニキビが何個が出来ていたので鏡を見るのが嫌で仕方がありませんでした。

そんな時に色んな人の情報でドクダミ茶がニキビに効くと知り乾燥したドクダミの葉を買ってきて、お世辞にも美味しいとは言えないドクダミ茶をひたすら飲み続けていましたが、効果は私には感じられず結局やめてしまいました。

その後も同じような感じでニキビに悩まされ、病院の薬も一時的には効きましたがやめると、また元通り同じニキビが次々出来る感じでした。

30歳前後になるとニキビが出来る場所が変わり始めました。主にUゾーンと言われる場所にまるで男性のヒゲのように気持ちが悪いくらい出来始め自分ではもうどうしたらいいのか分からなくなりました。

その当時インターネットでニキビの出来方について調べてみると、ニキビは年齢によって出来る場所があるらしく若い時はTゾーンに出来やすく大人になるとホルモンバランスの関係でUゾーンに出来やすいと知りました。

その事を私は知らなかったので10代の頃と同じように肌を乾燥させればいいものだと思っていましたが、大人のニキビは逆で肌に充分潤いを与えてバランスの良い状態にしないといけない事が分かりました。

でも、その肌バランスを整える事は元々オイリー肌の私にはとても大変な事でした。油分を余計に付けすぎると肌がベタベタになってしまい、ますますニキビが出来てしまったりしました。

段々、ニキビや肌の事に関して分かり始めて自分に合う化粧水を見つけそれを毎日たくさん付けて潤いをもたすようにしました。そうして、私の肌は少しずつ落ち着き始めてきましたが、ストレスなどでホルモンのバランスが崩れると途端に肌にあらわれまた、ニキビが出来てしまうという状態は今でも続いています。

私の場合ストレスでホルモンのバランスを崩す事でニキビになりやすいので気を付けるようにしています。